社史漫画作りの最初の4つ

社史作りはじめの4項目:「予算」「納期」「目的」「完成イメージ」が分かる

社史作りが決まったらまずは、完成までの流れをシミュレーションした上で(詳しくは「企画から製本まで:誰でも社史作りの工程がわかる、5つのステップ」を参照ください)、最初にとりかかるといい4項目について紹介します。 ・おおよ …

企画から製本まで:誰でも社史作りの工程がわかる、5つのステップ

社史漫画作りという壮大なプロジェクトを前に、社史編纂の担当となったばかりで何から手をつけてけば良いか迷われている方向けに、この記事では、大まかに社史がどのように作られていくかをご紹介します。一歩ずつ進めていけば大丈夫です …

漫画ページ

社史漫画のページ数は50〜200ページが目安

社史を漫画で作ろうと考えた時に、どのくらいのページ数を想定すればいいでしょうか。ストーリーの鍵となるキャラクターが動き、伝えるべき情報量を盛り込むには大体50ページ〜200ページが必要です。ページ数ごとに、どの程度の漫画 …

誰のための社史か

誰のための社史漫画か考えよう

社史を誰に届けるかをイメージしていますか。社史を単に企業の歴史資料の保存と継承だけと思っていませんか。社史は届ける相手に応じて様々な価値を発揮します。漫画となれば尚更「おもしろく」「読みやすく」「伝わる」ので、受け取った …

社史漫画は取材と資料の読み込みが肝

社史漫画は丁寧な取材が肝

社史制作では、資料の読み込み、取材への手間をかけることで価値ある歴史資料、また、リアリティのある骨太な社史の制作が実現します。特に社史漫画においては、漫画の背景画となる場所の詳細や、口に出来なかった想い、表情なども取材を …

社史漫画のエンタメ度合い

社史漫画のエンタメ度合い

社史漫画は活字による社史とは異なり、主人公のキャラクターや、ストーリーで読者を引き込む必要があります。史実として確認ができたエピソードに加え、シナリオにはエンターテイメントの演出が求められます。歴史資料としての忠実さを取 …

社史漫画の脚注

社史漫画の本編と脚注

社史漫画では、演出上すべてが史実に忠実とはなりません。ストーリの進行上、主人公の気持ちや感情表現などで、分かりやすさが優先されることが多くなります。そんな時に役立つのが脚注です。脚注でフィクション部分の断りや、端折った部 …